Art Support Tohoku-Tokyo 2011→2020

連載東北からの便り

復興カメラ 今月の一枚

2020

7

三陸鉄道
大槌駅

2020年7月6日 三陸鉄道大槌駅(旧JR山田線大槌駅)

2011年5月5日

—その写真には何が写っていますか?

新しい写真には、防潮堤が写っています。
 
実物を見ると、ものすごく高く感じます。
 
古い写真には、右奥に山が写っています。
 
新しい写真にはそれが写っていません。
 
古い線路が剥がされてから新しい線路が敷かれるまで、一時的に車道になっていました。
 
その時の様子は、どちらの写真にも写っていません。
 
線路の高さがそもそも変わっています。
 
2mくらい盛り土されているの、気づきました?
 
きれいになったな——、初めて2枚の写真を見た人はそう思うかもしれません。
 
古い写真には、駅の向こうが何も写っていません。
 
一面、家やお店が立ち並んでいたんです。
 
新しい写真にも、駅の向こうが何も写っていません。
 
あったものが戻らなかった結果です。
 
新しい写真の黄色い重機が置いてあるあたりから、水が湧いています。
 
ミズアオイやイトヨといった希少生物が見つかりました。
 
何を残すべきかという議論が起きました。
 
現時点では、土を盛らず、球技場などもある公園として整備される予定です。
 
湧き水は、大槌の日常の風景でした。
 
生活用水でもあったし、そこに人も集まっていました。
 
この先、生物や植物が生きる公園ができて、それを愛でる人が集まって。
 
球技場でプレイする人もいて。
 
それではじめて「復興したのかな」と、なんとなく感じることができるかもしれません。

話し手|川原康信、上野育恵(復興カメラ)
きき手|松本 篤(AHA!)