Art Support Tohoku-Tokyo 2011→2020

連載東北からの便り

復興カメラ 今月の一枚

2020

7

三陸鉄道
大槌駅

2020年7月6日 三陸鉄道大槌駅(旧JR山田線大槌駅)

2011年5月5日

—その写真には何が写っていますか?

新しい写真には防潮堤が写っています。
実物を見るとものすごく高く感じます。
古い写真には右奥に山が写っています。
新しい写真には写っていません。
古い線路が剥がされてから新しい線路が敷かれるまで、一時的に車道になっていました。
その時の様子はどちらの写真にも写っていません。
線路の高さがそもそも変わっています。
2mくらい盛り土されているの、気づきました?
きれいになったな——、初めて2枚の写真を見た人はそう思うかもしれません。
古い写真には駅の向こうが何も写っていません。
一面、家やお店が立ち並んでいたんです。
新しい写真には駅の向こうが何も写っていません。
あったものが戻らなかった結果です。
新しい写真の黄色い重機が置いてあるあたりから水が湧いています。
ミズアオイやイトヨといった希少生物が見つかりました。
何を残すべきかという議論が起きました。
現時点では、土を盛らず、球技場などもある公園として整備される予定です。
湧き水は、大槌の日常の風景でした。
生活用水でもあったし、そこに人も集まっていました。
この先、生物や植物が生きる公園ができて、それを愛でる人が集まって。
球技場でプレイする人もいて。
それではじめて「復興したのかな」と、なんとなく感じることができるかもしれません。

話し手|川原康信、上野育恵(復興カメラ)
きき手|松本 篤(AHA!)

NPO法人@リアスNPOサポートセンター

2003年商店街活性化の一環として、岩手県釜石市にて設立。自分たちの手で地域が抱える問題を解決するために、住民、行政、地元企業、NPOなどが連携するプラットフォームづくりをサポートしている。震災以降の写真を残す『復興カメラ』などのプロジェクトを行っている。

AHA!

2005年、NPO法人記録と表現とメディアのための組織(remo)を母体に、大阪市にて設立。8ミリフィルム、家族アルバム、戦時中の慰問文など、さまざまな「市井の人びとの記録」に着目したアーカイブづくりを行う。キャッチフレーズは、「A Happy Birthday to Your Little Record!——小さな記録の誕生日を祝おう」。